スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフレスパイラルの悪癖

15011010.gif

今日は ある大金持ちのお客さんとリフォームの打ち合わせを。

既存建物に 古い木製ドアがありました。よく見ると1枚物のケヤキ板を使い、昔の職人さんの手作りのドアです。少々傷はありますが、変形も少なくリペアすれば 十分使えそうです。今現在 このドア
を特注製作すれば、黙っていても30万~50万はするような製品です。
 既存建物も かなりの豪邸で 至る所ふんだんに豪華な材料が見え隠れします。ケヤキのこんなに大きな一枚板は なかなか見る機会もありません。

私:「このドア再利用しようと思うのですが。どうでしょうか」
施主さん: 「だめだ。私は金は払うんだ。新品にやり換えてほしい」
私:「今、これと同じ物を製作すれば、何十万もかかってしまいます。リペアの方が安く出来ます」
施主さん:「金はかかってもいい。新品にしてください」

と、こんなやり取りが。。。

この数年の間の 建築デフレスパイラスを生きてきた私は、自然に 「工事費が安くなるアイデアを出すことが良い事」という風に 勤めていたのです。このお施主さんには、返って失礼になりました。
 この数年 建築設計士は施主さんにとって 「工事費 値切り代行業」 見たいな立場になることもあり、私もそれに慣れてしまっていました。

 これまでの、不景気の中での工事積算・契約は、
「どうせ 値切られるんだから、見積もりは値切り代を含んで、ちょっと大目の金額にしておこう。目の前で何十万円か 値引きする方が お客さんも喜ぶだろう」 なんて発想でやっていました。
私も知らず知らずの内に お客さんと腹の探りあいの中での 契約・工事となっていたのですね。


 こういったお施主さんの方が、私としては身が引き締まる感じです。「利益は与えるから、いい仕事をしなさい」 と暗に言っておられるようなものです。

今回 私が提出した見積もりは 一切の無駄・上乗せ金額もなく、正直な数字を提出しまして 値切られることも無く一発契約となりました。信頼関係での工事契約を結んだのです。




ドアは 例え100万円かかっても、満足感が出るような物にしなければなぁ。と、今は考えています。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ 
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。