FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビスの普及

最近、建築工事で大工さんはあまり、釘を使わなくなりました。ビス・接着剤が普及して、家を建てるという一連の作業が大きく変わってきています。

最近の住宅は、構造材はプレカット専門工場で 加工します。
images.jpg
大工さんは墨付け・加工をすることも無くなりました。だからノミもカンナも 使う回数も減りました。
接着剤も多様化・強力化が進み、下手に釘で止めるより丈夫に止まりますし、釘では作業も難しいところでも、電動ドリルとビスなら丈夫に止まります。

建物を使う人にとっては、各部分の1つ1つが、強固に固定されている事はよいことですし、大工さんの作業が楽になることは、工事費が安くなること・工期が短くなることに結びつきます。よい事尽くめですね。
大工さんにとっても、何年も修行しないでも、すぐに仕事を覚えられますし 木材の加工場など必要なくなるので、ハコバン1台と携帯電話さえあれば独立開業も簡単です。職人さんの人員不足も解消されるでしょう。

いいこと尽くめなのですが、やはり建築という仕事上、「技術を未来へ継承する」という 意味合いにおいては、よいことばかりではありません。器具・道具の進歩の中で、技術力が後退しては意味が無いと、考えています。

 設計者として、技術の継承という願いもあって、私の設計する建物には 小舞土壁を塗って見たり、真壁にしてみたり、プレカットでは加工できない木構造としてみたり いろいろ模索してやっています。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。