FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハウスメーカーの良い所

たまには、いい事も書きます。

我々 建築設計士・建築会社は、とかく技術論・工法・専門知識を ひけらかす、自慢する傾向が出がちです。これは逆に言えば、こういう技術思考の人間性を持っていなければ良い設計士には成れない?という部分もありますので、一概に悪いこととは言いませんが、時々 お施主さんの意向にそぐわないケースがあることも事実です。

私自身も、お施主さんに 「任せるから 自由にこの部分を設計施工して欲しい」と依頼され、それでは一度試してみたい工法があるので、やってみよう と工事したのですが、完成後お施主さんから 不満を言われた事があります。
「任せるよ」とは 言っても お施主さんとしては 完成を想像しているわけで、機能・使用上・予算において 予想を超えれば文句ないでしょうが、予想外となれば 不満も噴出します。

ハウスメーカーには、これがあまりありません。集積された多くのデーターに基づいて 可能な限り苦情が出にくい施工方法・材料を選択します。住宅産業はクレーム産業だ!なんて言われることもありますが、クレームの少なさという点において 一般の設計士・工務店などと比較して、大きくリードしていると思います。
そのため、工事途中の変更の要求、特殊な仕上げの要求には、ほとんど答えてもらえません。ただクレームを防ぐ為とすれば、これもお施主さんの利益にもつながります。

もうひとついい所は 家=建築と捉えてない所。

建築という仕事は 設計→積算→施工→完成というシンプルな流れで進みますが、ハウスメーカーの場合 その間に 資金計画・融資・土地の紹介・10年20年のアフターフォローといった業務を 一連の流れの中での仕事として行ってくれます。工務店・設計士の方でこれと同じように全てをサポートしている会社は あまり無いのではないでしょうか?

もうひとつ。
設計士さんの場合、お施主さんの為に働くというより、自己表現の場として建築を捉えている方もいます。
あの、安藤忠雄さんも、あるインタビューで
 
「お客さんのお金を使って、自分のやりたい建物を作れるなんて、建築家っていい仕事ですよ」

なんて、おっしゃっていました。

安藤さんクラスになれば これでもいいのですが、まだ、未熟な設計士さんの場合、お施主さんにとって これは迷惑でしかありません。テレビ番組ビフォーアフターで、良くわかります。

「この家は、デザイン性もよく、きれいに仕上がっているが、このご家族が 本当にこれを望んでいるのだろうか?設計士の自己満足ではないだろうか?」
そう感じられる方は、少なくないでしょう。
また、あの番組を見て
「私は、あんな、突拍子も無い家には住みたくない 普通に使いやすい無難な家でいいのだ」
「設計士に仕事を依頼すると、自由に設計するため 施主である自分の希望がかなえられないのではないだろうか?」
と思う方も いらっしゃると思います。

私も含めて、ハウスメーカーに学び、自己反省が必要な所ではないかと、思います。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。