スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

営業マンの マインドコントロール

住宅・マンションの 販売営業マン。

まじめで優秀、第一印象は非常に好印象。専門知識も豊富です。饒舌に昨今の不動産・住宅事情を語り始めます。よく勉強もなさっています。 

彼らの営業トーク。この多くは 販売会社が用意した物、もしくは 先輩営業マンから教えられた物、「お客さんに こういう質問をされたら、こう返しなさい」 と教育されたものなんですね。
優秀な営業マンであれば、これはあくまで仕事上の営業マニュアルであり、自分の本意としないが、営業成績のために、仕方なく話している?かもしれませんが、販売会社としては、彼ら営業マンの本意として販売活動に集中して従事できるように、彼ら営業マンをマインドコントロールしようとします。

日夜 朝礼や会議、打ち合わせにおいて、
「うちの商品は 他社と違い いい物である」
 「まじめに営業すればますます売れて 給料も上がる」
 「売れないのは、努力が足りないせいだ。商品は良い物なのだ」 と 繰り返し洗脳していきます。

営業マンは、とかく 売れない時には 不安になります。
「こんな、仕事長く続けて 自分の人生はこれでいいのだろうか?」
「こんな 商品売れるはず無いよ」
「お客さんをだましている自分が情けない。もう辞めたい」
売れない時には こんな、心情になりがちです。これを会社として抑えるために、マインドコントロールを行うのです。まだ、経験の浅い やる気に満ちた新入社員などは、これに洗脳されていくことになります。

私も 時々 こういった若い販売営業マンと接する事がありますが、時々洗脳が行き過ぎて 感覚を逸しているのではないか?と心配になる事があります。ちゃんと新聞を読めば 現在の住宅販売状況、その将来について 自分自身でも考え分析し想像することも出来ると思いますが それも乏しく 会社に洗脳され、それを一途に信じ 無理な営業活動を行っているのですね。早朝でも夜中でも 某弱無人にお客さんにアプローチしてくるのは、こういった洗脳故です。

先日ある、住宅メーカーの営業マンとお話しました。
「いまどき、リフォームなんて流行らない、工事費は返って高い物につく。全部一旦壊して 新築した方が 環境性能も上がり、地球にも望ましい。これからは リフォームの時代は終わり、壊して新しく新築していく方が 増えていくだろう。住宅新築着工件数は 今後 間違いなく増加する」

と 大きな声で真剣な顔をして、言うのですね。。。。。私は少し寒気さえしました。

この青年に「君は洗脳されている、ちゃんと新聞を読んで自分で考えなさい。」と 進言する事は出来ませんでした。それほど、真剣な顔をして 私に必死に話しかけていたのです。

住宅メーカー各社は 今や 非常事態宣言というほど、燦燦たる売り上げ状況です。営業マンに対するマインドコントロールは 今後ますます きつく、心の奥底までされていく事になると思います。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト

コメント

 
その通りだと思います
変な情報を与えられるお客さんも気の毒です
おがっち様
コメントありがとうございます。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。