FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築知識という雑誌

建築知識、約1年くらい前から また月刊購入を再開しました。

で、気になる事を1つ。

最近なぜか?ディテール・部分詳細・納まり図 などの特集が多いのです。私は若い頃 こういった部分詳細などを求めて、この雑誌を購入していたのですが、昔はこんなにも 掲載されていなかったと思います。

2008年6月(今月号) 3月号 2月号 これは納まり詳細の特集。 それ以前は2007年の1月号です。
つまり、2008年に入って、半年のうち3回も 納まりの特集なのですね。私も今月号を見て、「えっ!また??」という感じでした。

「納まり」とか、「部分詳細」というのは、昔は その設計者・大工さんなどの、「秘伝の技術」だったと思います。若い頃そのような本を探してもなかなか見つかりませんでした。現場で覚えるしか無かったのです。高尚な大工さんにぶち当たると、現場でお話しても 教えてくれなかったりしました。
「あなたも、設計者なら、どうやったらいいか?自分で考えろ」と言われたもんです。

若い駆け出しの、設計士の皆様には、建築知識のこの特集はありがたいですよ。1冊 バイブルのようにして保存しておくのも、いいと思います。


スポンサーサイト

コメント

 
思い出します。(⌒_⌒)

初めて担当物件を持ったとき,納まりが全く解ってない。

当時の所長も「自分で勉強しなさい。」というタイプの人で・・・・

とにかく実物をいっぱい見て
その次に,詳細図の載っている本を
買いあさって,徹底的に見てました。(⌒_⌒)
今月号は、まだ見ていませんが、私もさらに 勉強したいと思っています。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。