スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間取りを考えるのは 設計と呼べるか?

202.gif


少し前に、コメントいただいた なべさま とのお話に
間取りを考えることは、設計と呼べる作業なのか?」といったような内容がありました。

これは、微妙です。建築の知識がなくても 普通の建築主さまの多くは 「私はこうしたい」と間取りを自ら考えているでしょう。外壁はこうしたい。キッチンは、玄関は。。。といろいろマイホームの夢をめぐらせていらっしゃると思います。この作業を 一級建築士に頼むと 普通では考え付かないような 特異な間取りを提案されることもありますね。

「ご家族の生活をイメージして、こうなりました。これなら日当りも 使い勝手も良くなります。」
たしかに、誰にも思いつかない 間取りだったりします。さすが一級建築士。

もちろん、これの仕事は 設計と呼べるものの一部です。


ただ、ここで設計という作業を完了してはいけないのです。実施設計をして工事監理をして 初めて 「この建物は 私が設計しました」 と言えるのでは無いでしょうか?
特異な構造をしたいのなら、ちゃんと構造計算して。変わった施工をしたいなら ちゃんと材料と施工方法も監理して。施主さんの予算内に納まるように積算のチェックも。
この建物に関する すべての責任を負ってこそ、「これは、私の設計です」 と言えるのではないか?と私は思います。

間取りを考えるだけ、基本設計だけで あとは下請け・工務店・施工会社にお任せ、では 私の設計です と言えないです。間取りだけを考えて あとは知らん!では、ハウスメーカーの設計担当者と同じです。
強度・耐久性・施工方法・積算などに なんら感知しないのなら、スペースシャトルでも ピラミッドでも設計できます。

建物すべてに 自分の意思が混入されると 建物に対する愛着も、やり遂げたという充実感も また施主さんとご自分の満足度も 大きなものになります。

だれでも 難しい所に責任を持つのはいやですし 楽して「この建物は自分の作品です」とやりたいです。でも これを繰り返していては 決して立派な設計士にはなれないのでは無いでしょうか?そう考えながら、私は勤めて設計業務に従事しています。にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


スポンサーサイト

コメント

 
こんにちわ。
にじり口さんの記事は,いつも冷静に解りやすく書かれてて納得させられます。
私はどうしても設計者目線の内容になって,最後は支離滅裂になってしまってf(^-^; ポリポリ

設計とは,私も最後までちゃんと責任をもって初めて「設計」と呼べると思っています。
で,間取りを考える事は,その設計の一番最初のとっかかりの部分で,立派な設計の「一部」だと思います。
大雑把に言うと,特に住宅では,先ず間取りが決まらないと,その先には進めません。
私の廻りに「間取りは施主さんに考えてもらう。そっちの方が楽だし,お施主さんの希望通りになるんだから。」と,堂々と言っている設計者がいます。
それで,本当にその設計に対して責任を負えるのか?と言う思いがあります。
耐震偽装事件以降,設計者に対する責任の重さは益々大きくなっていますが,世間一般の「設計」に対する意識は以前と変わって無い様に思います。
責任うんぬんを言う前にもっと「設計」に対する意識を高めて欲しいのと同時に,上に書いた様な設計者に対しても,もっと設計に対する責任の重さを考えないと・・・・(自分も含めて)
と思って「間取り図作成も立派な設計行為の一部だ!」と書きました。

なんだかまた支離滅裂ですね。
すみませんですf(^-^; ポリポリ
なべさま コメントありがとうございます。
可能なら、なべさまのブログを拝見したいのですが。。。リンク先をお教えくださいまし。
すみませんでした。
リンク先書いてなかったですf(^-^; ポリポリ
URLの所に入れておきました。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。