スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘をつく 建築家

中にはそういう方もいます。

良く聞くのは、
「私は 何百件も過去手がけています」
「○○ホテル(有名どころ)の設計をしました」
などと、言うもの。

まず、何百件もやりました!!という人は、信用してはいけません。
建物は1件完成まで 数ヶ月かかりますよね。その方が仮に50代の建築家だとして 20で就職してから 建築家として仮に20年経過しているとして、500件手がけているとすると、年間25件の建物を完成させたことになります。それも20年間毎年です。
ハウスメーカーの設計担当者なら、間取りを書くだけで実施設計はしませんので、年間25件くらい完成させることは可能でしょうが。。。。一般的な建築設計士なら、まず不条理な数字です。
おそらく 日本の著名な建築家の方でも 本当にご自分で設計されて工事も監理しているのは そんな何百件もありません。というか、物理的に出来ません。
こんな方には気をつけてくださいまし。



「私は○○ホテルを設計しました」という場合。
大きな建築物だと、構造・設備・消防・外構・意匠・積算・監理等、多岐に渡る仕事を 個人事務所が行うことは 実質的には無理だと思います。○○ホテルなんて規模の大きい特殊建築物は、それなりのスタッフの揃った設計事務所か、個人設計事務所の連合のような形じゃなければ いい建物にはなりにくいと思います。
まず、一人事務所なのに、○○ホテルなど巨大な建物をやりました!!というのは嘘と思っていいでしょう。おそらくその設計士は ○○ホテルの ある一部分の仕事をしただけなのです。意匠だけ、インテリアだけ、というケースですね。
 この一部分だけの担当だったのに、全てを自分ひとりでやり遂げたような 放言を言う その人格だけで、もう その設計士を信用してはいけませんね。

お気をつけください
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ


スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。