スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅地盤調査についての 新情報

少し前 地盤調査の会社の 1人の技術者と、「これは 誰にも公表しない約束」で、ある話を聞きました。
この内容を ブログにします。

昨今は 瑕疵担保保証の問題があって、地盤調査は 着工前の必須条件になっています。この調査を行って 地盤の強度を測定し、建築されるであろう構造物の加重を予測し、基礎・杭工事などを設計します。このときに 地盤調査会社は、設計者に 杭工事などの助言・設計補助を行い、この杭施工会社が、建物の基礎に関する 「瑕疵保証」を、建築会社と建築主へ 保証します。

設計者も、施工会社も この地盤調査会社の 保証があるから 自信をもって進められるという事になります。

地盤調査会社は その保証責任を持たなければならないため、調査は非常に入念であり、かつ自社でも保険に加入、助言されるアドバイスも やや 過剰設計気味になります。

ただ、業者同士の過当競争も激しく、あまりに過剰設計気味にすると、施工を受注出来ないため、現在ではほぼ、最小限の費用で抑えられなおかつ、強度も保証できる ぎりぎりのレベルの基礎設計を 進めているのだそうです。


現在では、地盤調査会社・基礎設計会社の 調査~設計~施工に関しては 僕が感じる限りは ほぼ信用できる仕事内容だと 思います。


さて、この技術者の話。

大手ハウスメーカーの 地盤保証の その基準値は、実はこれら地盤調査会社が設定しているぎりぎりのレベルより、実ははるかに低い基準で 基礎を設計しているのだそうです。


つまり、地盤調査会社が現地測定して、「これは 杭工事○○万円を したほうがいい」 と調査に基づいた設計補助を行っても、実際はそれを行わない 会社がかなり多く存在します。この場合 大手住宅メーカーは、この地盤保証を 直接調査した会社に責任を負わせるのではなく、自社の子会社にその地盤保証業務をさせ、建築主へ発行するからなのです。


例えば ある建築主さんでは、

「大手○○社に 地盤調査をさせたら 杭は必要ないといわれたが、地元中堅会社に依頼すると、杭工事が必要と、判断され、価格的にあがるため、大手メーカーに住宅を発注した」

というケースは かなり多くあります。

建築主さんにとっては、「大手住宅メーカーが 杭は必要ありません。保証します」 と言うのだから、まず、心配なく、杭工事なしで、発注する気持ちになります。


ただ、これは 本当は 自社の子会社にその責任を負わせ、本来なら 誰が判断しても 杭工事は必要と思われる土地に 無理やり杭工事なしで、建築しているだけなのです。

もう1つ。

大手ハウスメーカーの中でも、「パナホーム」は 会社のスタイルとして 地盤保証はしっかり行っているのだそうです。この技術者いわく、ほぼ調査会社の設計補助の通りか、それを上回る強度の 地盤補強を行うです。そうする事で、「パナホーム」の多くの営業マンは、よく

「地盤調査したら、他社は(杭工事必要なし)と測定結果が出たたため、工事費の競争に勝てず、受注を逃してしまった」 と嘆いているそうです。



また、大手住宅メーカーが 自社で保証した地盤について、実際その後どうなったか?

この 技術者が「絶対 杭工事をしなければ 大変な事になります」 と助言したにもかかわらず、「うちは自社で保証するから 杭工事なしでいくよ」と施工してしまった住宅のうち 何件も実際に建物が傾き、ピンポン玉が転がるようになり、壁にヒビが発生し、怒った建築主がこのメーカーを訴訟するケースが 実際に何件も起こっています。

もちろん 住宅メーカーは訴訟に勝てず、全て無償で、建物をジャッキアップして基礎を作り直したり、建物を建て直したり、等の工事を行っています。


実は この技術者は、それらハウスメーカーが施工した 実際に傾いた家を修復する工事を 何件も受注しています

やはり、その中でも 大手の○○ハウスの、工事が圧倒的に多いのだそうです。


住宅メーカー各社は 現在やせ細った購買シェア建築主を 死に物狂いで、受注競争、価格競争を行っています。そんな中、地盤の調査、いわゆる不確定要素の多い部分は 価格を抑えるため削減するようになってしまったのでしょう。


これらのメーカーの営業マン・技術者は 地盤の補強については

・もしかしたら 何もせずに10年程度問題ない可能性もある。(確かにそれも可能性はあります)
・家が傾いても、それが保証期間を満了した後になる可能性もある。
・家が傾いても、その度合いによって 建築主が我慢できる、または気づかない可能性もある。
・家が傾いても、建築主が訴訟までは起こさない可能性もある。
・家が傾いても、そのときは 自分は退社しているかもしれない。
・傾いても、近隣の別工事の影響だと、他人に責任を負わせる事もできる。
・保証期間内に、大きな地震があれば、責任を逃れられる。

・それより、今の厳しい不況の中、1件でも受注を取れと、会社からノルマを課せられいている。。。。他社との競合に勝たなくては。。。

こんな、事を考えているのではないでしょうか?
 

この技術者さんは、強く「他言してはならない」と強要されていたのでしょう。私の質問に 顔を歪めながら「絶対誰にも言わないでください」と、話してくれました。もちろん 実話です。

みなさん、どうお考えですか?

大手だから、保証してもらえるから、不良な地盤に 杭工事なしで、安く家を建てる?

もし、心配なら 建築主さん自ら 地盤調査を依頼してその判断を ご自分でされてみてはいかがかと思います。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

 
このコメントは管理者の承認待ちです

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。