FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹中平蔵をゆるさない

この人も、人間のクズですね。もし生まれ変わったら次はボウフラか何かになってください。

小泉内閣の頃は、一種 新興宗教的な政治運営をしていましたね。多くの庶民は一瞬にしてだまされて盲目的に彼らの悪行を 「善行」だと勘違いし、それを支持してしまったのです。

たぶん、オウム教団から脱会した人なら、「小泉内閣なんか?やばいぞ?」と気づいたかも知れません。


1つ。

少し前の アメリカ サプライムローン問題から発生した経済危機。これは、実は小泉内閣の頃から 各新聞・無名の経済学者・経済記者・マイナー週刊誌には 小さく取り上げられていた問題なのです。
当時の政府、この竹中にも、新聞記者はこの問題について どう考えているのか?などぶら下がり取材を慣行しています。当然竹中も、この経済危機は、いずれ起こるだろうということは知っていたはず。。。。。

というより、知っていなければ 「経済学者」とは呼べません。いわゆる「自称プロサーファー」と同じレベルです。

つまり、この竹中は、将来起こりうる経済危機、及び これを発端にする 自民党の選挙敗北も 予想していたに違いないのです。にもかかわらず、これに逆行する 政策を あたかも宗教的に信者を洗脳し、推し進めて行ったのですね。

よくこの経済危機は、誰にも予想できなかった 自然災害・地震みたいなものだ、なんていう方もいますが、これも間違い。地震だって今ではおおよそ予測できるほど科学は進歩しています。この時期の竹中は、「日本で有数の経済学者」とさえ呼ばれていたわけですから、これを予想もしていなかったとなると、まさに「自称プロサーファー」と同じ程度と、言わざるをえません。


2つ

こう考えると、この男の当時考えていたことは、

・おそらく、近いうちにサプライムローン問題が起き、経済は破綻するだろう。

・その前に、早く引退しなければ。

・自分の骨太の政策は、完全にミスだが、黙って推し進めよう。あとは知らん。

・自分さえよければいいんだ。あとは、あとの政治家が苦労すればいい。。

と、だれでも想像がつきます。
つまり、完全なる悪意を持って、この悪行を進めたのですね。今の日本はこの竹中という男の予想通りに、派遣労働者・ワーキングプア・医療の問題・小子化が表面化しました。

仮に、この竹中が、政府に加わっていなければ、この数年の競争社会はなく、国民総中流化の社会は維持され、おそらく次の選挙も自民党が勝つことになっていたでしょう。


政治犯として 彼の罪を断罪すべきです。
そうしなければ、いずれまた新たな竹中風の「自称プロサーファー」が現れて 日本をめちゃくちゃにする恐れもあります。

まあ、少なくとも選挙後、敗北した自民党の幹部は、この悪人に責任を追及すべきです。麻生さんに期待することはこれ。

今はいえないでしょうが、選挙に負けた後、敗者の弁として、この竹中の責任を言葉にしてほしいと思います。



スポンサーサイト

コメント

 
選挙終わりましたね! 予想通りに民主党が政権を取りまたね。前に書かれたように、建設業界に新たな風は吹きますかね? 僕的には時代が変わり始めそうな予感がします。お忙しいとは思いますが更新楽しみしてます。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。