スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ

自民党の経済政策が 功を奏したか?なんだか、景気は落ち着いているように思えます。
この2ヶ月間 あ!っと驚くような巨大企業の倒産はありません。
なんとなく、株価も上昇気味、まだ、1万円は割っているとはいえ、一時の7000円というような時期は去ったようです。

で、選挙ですね。おおよその予想では 民主党が有利です。民主党の主な政策の中には、高速道路無料・子育て支援金・道州制などが聞こえます。これらは 我々庶民の生活には うれしい政策です。

ただ、同時に 政権が変わると最初の頃は 実際にはばたばた落ち着かない期間があると思われます。自民党も官僚も 今度は反対勢力として民主党を攻撃するでしょう。


実は、この先約半年~1年の間 多くの企業が倒産に追い込まれる可能性が高いのです。

民主党がいいか?悪いか?ではなくて 政権が変わる事自体が 社会・経済に悪影響を及ぼす事があります。ただ、この「悪影響」というのは 表面上のことで、長い目で見れば「よい影響」でもあります。

これまで、自民党の議員に 賄賂・献金をして仕事を受注していたような 西松建設のような会社は 民主党になれば当然売り上げは下がります。また自民党議員をお金で動かして、建築基準法を自社の都合のよい内容に変えていた ハウスメーカー各社は、もうそれも通用しません。

政権交代の直後、これらの大手企業が民主党を攻撃すると思います。株価は下がり売り上げも上がらない、不渡り倒産の道を進む会社も出るでしょう。

そのときに 我々庶民はうろたえてはいけないのです。これらの倒産は、ただ自然淘汰されたもの。
もっと早く倒産すべきだった悪徳企業が 自民党に賄賂を渡すことによって 生き伸びらえていたに過ぎない企業なのです。長い目で見た場合、その瞬間にたくさん職を失う人が生まれようと、自然淘汰を推し進めなければならないし、それが数年後にはよい方向へ進むのです。


おそらく、民主党政権になった後の約1年間には 大手ゼネコン・大手電気メーカー・大手ハウスメーカーなど 何社も 倒産すると思われます。でも 世間がうろたえてはいけません。



まあ、いずれにしても 自民党政権は終わらせなければなりません。

僕の記憶では もう10年20年以上まえから 僕がまだ学生だった頃から 「天下り」の問題はニュースでクローズアップされていました。

その都度、なんらか訳のわからない指導・法律・届出などの ザルのような法律が生まれ規制をかけているような振りをするだけで この問題は数十年前と何にも変わっていません。

日曜日のテレビなど、未だに自民党の議員が

「天下りの問題をですね~今後は全面禁止の方向で~」なんて話しているのを見ると、率直に言って

「こいつは、バカじゃないのか?」と僕は思います。


いよいよ あと1ヶ月後には 民主党政権が始まります。直後は社会も混乱するでしょう。
でも、これを理解し、我々は選択した政党を信じ、支えていかなければならないと、私は思っています。

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。