スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月24日のビフォーアフター

この番組 時々 ちゃんとした設計士の方が出るのです。今回がそれ。
しかも、施工業者さんも プロでしたね。

ちゃんと仕事された建物はわれわれ同業者が一見すれば すぐにわかります。
細かいようですが 入り隅の納まり タイルの割付、フローリングの割付、額縁の収まり。。。

一般の施主さんなら 気にも留めない小さな納まりですけど、室内に居て精神的な落ち着き感がやっぱり違います。

やはり 特筆すべきは 手作りのトップライトでしょう。こういった金属部品をオリジナルで作り出す作業は にわか建築デザイナーには出来ませんね。(ん~でも もしかしたら 設計者さんはデザインだけして 優秀な施工業者さんが 製作したのかも知れませんが。。。)

なんとなくですが、フローリングに漆を塗装する作業も、手馴れた感じでしたので、この設計士の方は本当にこういった作業をやっておられるのではないか、と想像します。


今現在 普通に販売されている 建築部品をただ単に組み合わせて 設置するだけなら設計士は要りません。インテリアコーディネーターで十分。
でも、建築設計士となれば、材料を選択して1つの部品を作り出すこともしてくれます。

これで、我が家は 世界にたった一つの住まいになるわけですね。





スポンサーサイト

職人の二極化

大工さん、電気屋さん、左官さん、クロス屋さん。。職人さんにはいろんな職種がありますが、どの業種も、その中で二極化しています。

1つは 丁寧にこつこつ 本来の職人として 仕事に従事するタイプ。決して大きく儲けるわけじゃないけど、基本的には仕事の価格は高いです。
毎日 金額の高い仕事をするというより、自分の信用できる人の仕事、自分がやりたいと思った仕事を 必要なときにだけするタイプ。

 よく 京都とかには そんな技術の高い 大工さん・職人さんがいらっしゃいます。一日の日当が何万円もつく場合がありますが、その仕事に対して自分の責任感をもって金額以上の答えを出してくれます。

もうひとつは、マンションなどのビルばかりを工事している職人さん。施工単価が安く、きれいに仕上げることが 自慢です。いつも価格競争にさらされ、短い工期の中 夜の接待もしながら仕事をします。
もうひとつ こういったタイプの職人さんは 書類・写真・施工要領・保険関係・安全教育などが非常によくいきわたっています。



この2種類の職人さん 僕が感じる範囲では 同じ仕事をした場合、施工金額・施工時間はたぶん倍くらい違います。

京都のA工務店なら100万円かかる仕事を マンションをよくやっているB社にたのむと たぶん半額で済みます。もちろん工期も半分です。


腕がよくて工期も短く、金額も安い、しかも書類・写真など完璧にそろえ、発注者にプレゼンテーションもできる後者の職人さん。あるいみ完璧に見えますよね。。。




でも、後者のような マンション対応職人さんには、大変申し訳ありませんが あえていいます。

僕の目からみて 後者は手抜き工事のオンパレードです。確かに完成した仕上げはきれいですが、中身は悪いです。

たとえば木材を固定する大工さん。前者ならカンナで削りペーパーで研磨し木材をその現場に固定しようとしますが、後者の大工さんの場合 現場で加工することはほとんどなく、設計図の寸法通りに作成してきたものが、現場に収まらないけど あとは知らん!自分は自分の仕事をするだけだ!と接着剤で貼り付けて完了!みたいな感じです。

これは大工さんに限らず、そのほかの職種によっても その仕事に対する姿勢みたいなものが正反対なのです。

例えると、前者は奥さんの手料理。僕の体調・健康状態を眺めながら 費用もコントロールしながら手間をかけて体によい料理を作ってくれます。

後者は ファーストフード。確かに健康にいい素材も使っている、味もいい、金額も安い・店もきれいで清潔。でも毎日食べてると体を壊します。
やはりそこには 体にいい素材を使っているけど、悪い素材も一緒に入っているし、食べる人への愛情・気遣いが存在しない。ファーストフードの店員に 「あなた食べすぎだから もう少し控えたら?」なんて言われた人は皆無でしょう。安いといってもその金額の中には 広告宣伝費も会社の役員給与も含まれています。


私も少ない経験の中で、この2種類の職人さんたちといろいろ接してきました。ただ、いつもこの後者のタイプの職人さんには がっくりさせられます。安い工事金額なので なんとか早く仕事を済ませて自分の利益を確保したい という姿勢。まあまず、建物がよくなるために働いている人はいませんね。

今日も そんな職人さんに会って ついブログに書いてしまいました。
彼らには事務所ビルとか工場とか賃貸アパートとか そういう用途の建物だけに限定してもらって、個人住宅とかの世界には入らせないようにしなきゃな。。まあこれも 設計者としての仕事でもある。




これから 家を建てようとお考えの方。。。いったいどちらを選択しますか?

奥さんの手料理?それとも駅前の牛丼?

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

とりあえず 昨日のビフォーアフター

昨日は実は ほとんど見ていません。完成の状況をチラット見ただけ。工事の進行状況はほとんどわからず仕舞い。

なにやら 杉のパネルを大量仕入れして安く工事費を上げて 床から何から全部??杉のパネル??で仕上げて統一感が出た感じ。。。。?????

実はこれが 大きな間違い。
マンション2室のリフォームで使用される木材の量なんて、ほんとわずかなんです。おそらく杉板の一等材だと 僕の感覚で、m3当たり3~4万円程度。
(まあ、見た目に一等材を削って仕上げた感じにしか見えませんでしたが。。。)

木材には檜とか松とかいろいろありますが、この杉の一等材というのが、ある意味木材の中でもっとも安い材料です。檜の一等材でも一般的に5~6万円します。

仮に 設計者さんが、材木屋さんに
「おっほん!今回杉を大量に買いたいので、特別に安くしてください。大量に買いますから!」
といって、マンションのリフォームで せいぜい2~3m3程度の使用量だったら 材木屋さんは 激怒すると思います。
材木屋さんが、「大量に購入するから 多少安くてもいいかな。。。」と普通に思える使用量は、おそらく20~30m3以上でしょう。

仮に今回の木材使用量が、3m3だとすると、木材金額はたったの12万円程度です。
国内でもっとも安いと思われる 杉の一等材を12万円程度購入しても 安くなるのはたぶん1万円か5000円程度。もし

「今回テレビに出るから安くしてね」となれば 特別価格があるかもしれませんが それでも材木屋さんが杉を普通に買う価格がm3辺り3万円程度なわけですから そんなにびっくりするほど安くはなりません。

先ほどのように 仮に30m3購入する となれば、木材金額は合計100万円を超えますので、まあ10万円程度は マケてくれるかもしれません。


もうひとつ言える事は
昨今の建築不況の中で、建築資材については もはや限界まで安く普通に販売されています。場合によっては 普通に赤字になる金額で売られているのです。

昔は 住宅1件建築する際、「ユニットバス・キッチン・洗面台・フローリング・その他多くの建材を ○○商社ですべて購入するから 今回は特別に安くする。」という事も実際ありましたが、今では価格的に限界に達していますので、建材をいろんな商社からバラバラに購入したほうが 総額が安くなるケースがほとんどです。

私も予算をコントロールする際、ユニットバスはA社 キッチンはB社なんて A社B社を競わせた方が総額は安くなります。

高度経済成長の時代には 一品・特注品だと高くなるが これを大量生産・大量販売することによって製品単価を下げるという手法が当然のようにありましたが、このビジネスモデルも 現代はすでに崩壊しています。人口も減り、人の趣向も多様化し、1つの商品を大量販売できない時代になってきています。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。