スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地盤調査の偽装

Image213.jpg

良くあるケースですが、ハウスメーカーに建物を依頼すると 
「詳細な見積もりをしたいので、先に地盤調査をさせてください。無料ですから」
なんてケースがあります。

もちろん 本当は無料なわけありません。
人間が動いて交通費も人件費もかけて調査をし 写真付の立派な報告書が作成されるわけですから 実費数万円はかかります。(ちなみに、知り合いの地場調査会社ですと、3万円程度)

私は常々 ここに調査偽装があるのでは無いか?と 想像していました。

つまり、「専門の調査会社に依頼したところ、軟弱地盤だった為、杭打ち工事が必要になりますので、追加工事金額を払ってください。。」 という流れで 建築主さまを不安がらせて 工事金額を吊り上げようとしている会社もあるのでは無いか?と考えられるのです。

場合によっては 本当は強度のある地盤なのに、偽装された報告書を見せられ やむやむ杭工事の追加金額を支払わされた 建築主さまもいるのではないでしょうか?

もともと、スゥエーデン式サウンディング試験 という地盤調査の方法は 完全な地盤の強度は測定できません。試験の貫入状況を見ながら 「N値を推測する」 という試験方法なのです。
 提出された報告書の隅には、必ず
「この数値は 実値ではありませんので、実際の地盤は異なる場合があります」 などと小さく書かれています。

考えてみれば、京都などにある古い木造建築は 杭もなく地盤改良も無く 何百年も存在できているわけですから 昨今の軽量な構造の住宅などで杭工事をするなど ちょっとやりすぎ?ではとさえ思えます。


そこで、今回ちょっと実験をしてみました。

ある私の設計する物件で、先に某ハウスメーカーが地盤調査を行っていましたので、同じ調査を我社も行って見ました。写真は同じ土地に対する 2つの地盤調査の報告書です。

入念に数値を比較して見たのですが この2つ、大きく差はありませんでした。私の
「もしかしたら 偽装して杭工事を受注しようとしているのではないだろうか?」という疑念は 晴れました。

地盤調査の会社は、それぞれ単独で測定分析し責任をもって調査しているようです。
(まあ、当たり前といえば当たり前ですが。。。)


ただ、1つ。。
2つの報告書の数値は 多少まばらでも、全体としては概ね同じような 内容ですが、
スゥエーデン式 サウンディング試験というのは本当に いいかげんな調査なのですね。
ほとんど数センチも違わない地点を2回測定しても、判別されるN値は 1程度平気で差が出ます。

敷地の全体的な 地耐力は概ねあっているのですが、個々の測定場所での数値はバラバラなのです。この試験方法で調査する場合は 敷地の中で より多くの箇所を調査した方がよさそうです。
1~2箇所の調査だと、完全には推測できない ようですね。

建築主さまは、自ら地盤調査の会社へ 直接 調査だけを依頼されるといいかもしれません。
約3~5万円程度の費用です。その結果をご自分で判断し 設計事務所さまなどに 「うちの地盤の強度は この報告書です。これを踏まえて 全体の予算をコントロールしながら 設計をしてください」と依頼をされると いいかもしれませんね。

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
スポンサーサイト

九十九電気

建築関係の企業倒産は相変わらず 続いています。最近ではノエル・ダイナシティという不動産会社が名前があがります。
そんな中、私にとっては 九十九電気の倒産がショックです。
いろんな業界、ガソリンスタンド 飲食店 など企業の倒産は 時代の流れ社会の価値観の変化などによって どうしても発生する場合があります。

この世の流れは 栄枯盛衰。

かつて栄光を得た業界でも 何十年何百年とは続かないというのは ある意味社会の仕組みでもあります。

この九十九電気さん 家電業界では大きな売上を上げています。秋葉原では老舗のようなお店ですね。私もネット通販で 九十九電気さんから良くパソコン製品を購入していました。
価格comなどのサイトで、欲しい製品の価格を自分で調べ、購入する店を選択するわけですが 在庫・価格・納品の早さなど、ネット通販での 九十九電気さんは非常に満足できるお店でした。

おそらく このネット通販でも 大きな売上を上げていたはず だと想像します。なのに。。。です。
店舗拡充の為 不動産投資をして失敗したなども考えられますが オリンピックの家電需要も 地デジテレビの買い替え需要もあったはずです。売上自体は減少してはいたものの 不動産業界のように一気に冷え込んだ、という状況では無いのです。

私が考える 大きな原因は 価格競争による利益率の低下です。売上は何億円と上げていても ほとんど利益が残らない状況にあったのですね。
ユーザーは家電製品を買う際には、店舗を指名買いすることはまずありません。どこのお店で買っても 製品は同じだし アフター保証もほとんど変わらない。だから1円でも安い売値を付けているお店を選択するのです。

夜も煌々と店舗を明るくし、毎週土曜日には広告を入れ 小さな町まで巨大店舗をどんどん拡大進出していく家電業界は ユーザーから遠目にみると 大きく儲かっている、利益を上げている業界に見えます。つい最近も池袋に家電量販店が競争のように 店舗を増やしています。

ただ、九十九電気の事もあり、心配になってしまいます。小室さん ホリエモン アーバンコーポレーションのように、「すごい儲かっているんだろうなあ」 と見える人が 一瞬にして倒産廃業になる流れが この家電業界の奥深くに静かに脈を打っているような感じを 想像してしまいます。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 悪徳業者に気をつけろ!建築業界の裏側をお話します All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。